TOSHIBA dynabook TX860LS購入!! - T.Tの日常的ネット内職・FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOSHIBA dynabook TX860LS購入!!

【送料無料】東芝 ノートパソコン dynabook TX/860LS (PATX860LS)15.4型ワイド液晶ディスプレイ... ★dynabook TX860LS 楽天市場価格表★

やっとネット回線がISDNから光に替わり、それに合わせて25日に念願の初☆自分専用のノートPCとしてTOSHIBA dynabook TX860LSを購入しました

スペック
CPU CeleronM 370
周波数 1.5GHz
2次キャッシュ 1MB(メインプロセッサに内蔵)
BIOS ACPI 1.0b
筐体 A4
チップセット ATI RADEON XPRESS 200M
メインメモリ(標準) 512MB
メインメモリ(最大) 2048MB
メモリタイプ PC2-4200/DDR2 SDRAM
メモリスロット(空/全) 2006/01/02
HDDタイプ 5, 400rpm、Serial ATA対応
HDD容量 100.0GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD+R-R2層書き込み)
FD なし
その他補助記憶装置 ブリッジメディアスロット×1(SDメモリカード、xD-ピクチャーカード、マルチメディアカード、メモリースティック、メモリースティックPro対応)
ディスプレイサイズ 15.4型
ディスプレイタイプ ワイドWXGATFTカラー高色純度・高輝度Clear SuperView液晶
解像度 1280×800ドット 最大1677万色
TVチューナー なし
グラフィックコントローラ ATI RADEON XPRESS 200Mに内蔵
VRAM 最大128MB
サウンドチップ インテル ハイ・デフィニション・オーディオ準拠(最大96kHz/24ビットステレオ)
USB あり USB2.0×4
IEEE1394 あり 4ピン×1
LAN あり 100Base-TX/10Base-T(自動認識) 無線LAN IEEE802.11b/g準拠(Wi-Fi準拠、WPA対応、152bit WEP対応、AES対応)1~11ch
モデム あり データ:最大56kbps(V.90対応、ボイスレス、世界61地域対応)、FAX:最大14.4kbps
PCカード TYPE II ×1スロット(PC Card Standard準拠、CardBus対応)
認証装置 なし
その他バス ExpressCardスロット×1(ExpressCard/34対応/54対応)
ポインティングデバイス タッチパッド
スピーカー harman/kardonステレオスピーカ内蔵
バッテリ リチウムイオン(バッテリパック)
駆動時間(標準) 約1.5時間
インストールOS Microsoft Windows XP Home Edition 正規版 SP2セキュリティ強化機能搭載
インストールソフト Microsoft Office Personal 2003(SP2適用済み) / Microsoft Office OneNote 2003(SP2適用済み)
サポートOS Microsoft Windows XP Home Edition 正規版 SP2セキュリティ強化機能搭載
本体サイズ(H*W*D) 360mm(W) × 267mm(D) × 34.3~42.2mm(H)
重量 約3.0kg
電源 AC100V~240V、50/60Hz
最大消費電力 約65W
備考 USBフラッシュメモリ512MB、光学式マウス標準添付、ハードディスクリカバリ/2年保証


今このTX860LSを使って記事書いてるんですが、カナリ文字打ちやすいです

店頭で富士通のPCとも比べてみたのですが、T.T的にはTOSHIBA dynabookの方が文字入力が楽でした

光るタッチパッドもカッコィィ 

15.4インチのワイド画面で見やすいし、画質もカナリ鮮明でキレイ

動きもサクサク

かなり気に入ってます 

これでもしボディーカラーがBLUEだったT.T的には100点ですね(笑)

次にPC買う時は絶対BLUEなのを入手します


てか光回線マジで早いですね

いやぁ~今までよくISDNでポイントサイトやリドメサイト訪問、メールCLICKを頑張ってたなぁ\(◎o◎)/!

って感じです

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mrs8sd.blog16.fc2.com/tb.php/177-7705873c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。